週刊パーゴルフに掲載

44

 250ヤード、93打席あるゴルフ練習場「一鍬(いっしゅう)ゴルフクラブ」内に出店し、練習しながら試打ができると人気の「ゴルフステージ」。

 「最近のクラブは低スピン、高弾道を目指して設計されていますが、レンジのボールはディンプル性能が低いため、ドロップ気味の弾道になってしまうんです。それを知らないと、無意識のうちにスイングをいじってしまうんですね。そこで、レンジボールと本番球の違いをしっかり伝えて、クラブを紹介しています。」(松浦宥一郎店長)

 夫人の恵利子さんが販売を担当しているとあって、レディースウエアも豊富。女性客も安心して訪れることができるのもうれしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

湯島の白梅

次の記事

中日新聞に掲載