ソリッド・コンタクト(その2)

前回開催いたしましたダンロップゴルフクラブの試打会で、DIW(デジタルインパクトワールド)にて、お客様の実際にお打ちになったボールをコンピュータで測定・診断いたしました。

その中で、ヘッドスピード40~43の方には、XXIO+SPEEDER553EX FLEX:R。ヘッドスピード45~48の方には、Srixon+ツアーAD W70 FLEX:S がフィットする場合が多かったです。

DIWによる診断では、ヘッドスピードのみならずランも含めたトータル飛距離をシュミレーション出来るため、皆様ヘッドスピードUPよりもミート率の向上を目指しました。ヘッドスピードを上げるために闇雲に振り回すよりも、少し余裕を持ってバランスの取れたスイングをした方がソリッドなインパクトを迎えることが可能で、それによりボールの初速が5メートル以上UPするのです。

ヘッドスピードを2メートル速くするよりも、ボール初速を5メートルUPする方が簡単なのです。これには皆さん驚いていらっしゃいました。この現実をお知りになって、私がめったにヘッドスピードについて口にしない理由を分かっていただけたと思います。

レベル別スイートエリア

さて、多くのお客様にいろいろなスペックのクラブをテストしていただきましたので、お客様にとっても有意義であったと思います。実はそれ以上に私にとって勉強になりました。いろいろなスイングパターンにジャストフィットするクラブのスペックを、試打会に参加したお客様をモニターとしてチェックしたからです。

これは私にとって大きな財産なのです。これらのデータの積み重ねがベストフィットなクラブ選びに大いに役立ちます。これは他のお店では出来ないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください